おしゃれマニュアル

規則が厳しい中でもおしゃれを楽しむ方法

勤務中のアクセサリー着用について

医療施設で看護師として働く場合、仕事に適した身だしなみであるかどうかが重要です。仕事でもおしゃれを楽しみたいと考える女性は多いものの、まずは仕事の役割や責任を果たすことができることが重要です。

医療機関で働く場合、アクセサリー類についてはどのようなところに注意したら良いのでしょうか。

《装飾品》
イヤリングやネックレスなどの装飾品は、看護の仕事の妨げになる可能性があります。看護師は仕事上、患者さんの体に触れる機会が多いので、患者さんがこの人になら体を任せても大丈夫だと信頼されるような身だしなみでなければなりません。ピアスやイヤリング、ネックレス、バングル、指輪などの装飾品は患者さんの体を傷つけてしまう可能性があります。また装飾品の小さなパーツや破損した部品が、食事に異物を混入させる可能性もあります。衛生面を考えても、医療施設での仕事中はアクセサリー類を出来るだけ外しておいた方が無難です。

《結婚指輪》
既婚の看護師にとって気になるのが、結婚指輪の存在です。結婚指輪は、おしゃれのための装飾品の価値以上の特別な意味を持つ存在であるため、たとえ仕事中とはいえ、外すことに躊躇する女性はいます。しかしプロ意識の高い看護師たちは、仕事に何らかの支障を及ぼす可能性を考えて勤務中には結婚指輪を外すことが多いです。

勤務先の医療施設によって、イヤリングなどのアクセサリー類の着用はもちろんのこと、結婚指輪についても勤務中は着用を禁止している場合があるため注意が必要です。そこで特に新人看護師や転職した看護師が医療機関に勤める場合には、アクセサリー類の着用についてどのような規則が定められているのか、あらかじめ調べておくことが大切です。