おしゃれマニュアル

規則が厳しい中でもおしゃれを楽しむ方法

ヘアスタイルの注意点

おしゃれが好きな看護師は、看護の仕事にふさわしい身だしなみを整えることが大切です。特に女性看護師は、ヘアスタイルにいくつか注意するポイントがあります。髪の毛は簡単におしゃれが楽しめるアレンジポイントの一つであり、様々なヘアスタイルの選択肢があります。しかし看護師には、あまりふさわしくないヘアスタイルも存在します。看護の仕事を考えたヘアスタイルを考えましょう。

《長さに注意!》
女性看護師のヘアスタイルは、まず長さに注意しなければなりません。長い髪は看護の仕事に支障を及ぼす可能性があります。例えば、医療機器やドアの間に髪を挟んでしまったり、患者に長い髪を掴まれてしまったりするトラブルが考えられます。そのため髪は短くカットするか、コンパクトにまとめるのがポイントです。オシャレが楽しめるバリエーションは限られるものの、ショートヘアや髪の束ね方のアレンジを工夫すれば、仕事に支障のない範囲でファッションが楽しめます。

《カラーに注意!》
また、ヘアスタイルのアレンジとしては、髪のカラーリングが人気です。しかし看護師が髪を染める場合、カラーリングは控えめにするのが無難です。目立つヘアカラーは医療現場でふさわしくなく、出来るだけ落ち着いた色を選ぶのお勧めです。看護師は患者さんのお世話をしたり、相談を受けたりすることも多いため、患者さんに親近感を持ってもらえるような雰囲気にふさわしい髪色である必要があります。

《ヘアアクセサリーに注意!》
その他に、ヘアアクセサリーについても、おしゃれのため身に付けるのであれば、あまり目立たない控えめなデザインや色がお勧めです。髪の毛と同じ色もしくは紺や茶色などの目立たない色が最適です。

看護師の髪形は、動きやすくて清潔、さらに誰にとっても不快感を与えることのないヘアスタイルの整えることが大切です。